FC2ブログ

へんてこ論(「橋下徹の研究」2012年11月14日~)

ブログ『ART TOUCH』から独立 暫くの間、《橋下徹VS朝日の最終戦争》の記事を連載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

スニーカーを履いたファシスト

ファシズムというのは「束ねる」ことだという。そうであるなら、小泉・細川両元首相はファシスト・コンビということにならないか。「原発ゼロ」で国民を束ねようとしている。

そう思って小泉純一郎の細川都知事候補の応援演説を聞いて見ればヒットラーそっくりだ。拳を握って短いフレーズを畳み掛けるよう繋げていく。演説は終末論から日本再生の約束だ。聴衆の拍手歓声はほとんどドヨメキになる。

現代のファシズムは軍靴ではなくスニーカーを履いて忍び寄る。石破幹事長がブログ(2013年11月)に特定秘密保護法案に反対する国会周辺のデモに関して「主義主張を実現したければ、民主主義に従って理解者を一人でも増やし、支持の輪を広げるべきなのであって、単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらない」と書いた。

翌日、朝日新聞は「表現の自由に基づく街頭での市民の主張をテロと同一視したことは問題になりそうだ。」(強調安積)とまた騒ぎにしようとした。それ対して石破幹事長は「整然と行われるデモや集会は、いかなる主張であっても民主主義にとって望ましい」と述べ、さらに付け加えて、「一般の人々に畏怖の念を与え、市民の平穏を妨げるような大音量で自己の主張を述べるような手法は、本来あるべき民主主義とは相いれない」とも指摘したそうだ。

なんか変だ。これでは絶叫戦術やスピーカーを大音量にしなければテロじゃないみたいだ。そうではない。ファシズムは軍靴ではなく、スニーカーを履いて音もなくやってくる。デモはもともと示威行為だからファシズムにつきものだ。右だけではない。左のファシズムもデモをする。市民運動は現代のファシズムであり、菅直人こそスニーカーを履いたファシストだ。

官邸前デモの「代表者」を野田首相に面会させたのは菅直人の手引だった。デモの参加者はみんなツイッター見て会社帰りや、子供のことが心配な母親が自然に集まった普通の市民だとマスコミは繰り返し強調したが、シュプレヒコールの音頭を執っているのは明らかにプロだった。そもそも「代表者」なんてどうやって選んだのだ。面会後に記者会見した女性は肩の刺青をこれみよがしにノースリーブを着ていたのはもちろん一般市民の雑多な集まりに見せるためだ。

この面会に民主主義の手続きから言って疑義を呈したのは橋下大阪市長だけだった。文字通り一人だけだった。あの普段は冷静な高橋洋一さえもしこれで政治が動いたら戦後初めての民主主義の勝利だみたいなことを言っていた。橋下市長が判断を謝らなかったのは毎日のようにデモ隊に押しかけられている経験があるからだ。

選挙では原発推進派の安倍自民が圧倒的に勝利して官邸前デモは失敗したように見えた。しかし、ソフト・テロリズムとしては完全な成功だった。テロというのは恐怖のことだ。反原発デモが鉦や太鼓やコスプレで始まったとき、テロとは関係がないと思われた。しかし、すでに工作員に乗っ取られていたのだ。彼らのテロは虐殺や破壊のかわりに放射能に対する恐怖を植え付けることだ。

彼らの第一のターゲットは長崎大の山下俊一教授だった。山下教授は「リスクコミュニケーション」の専門家であり、二本松市の説明会では「ニコニコしてれば放射能は来ません」と言って放射能への根拠の無い恐怖を持たぬように言った。彼は広島長崎やチェルノブイリのデータを持っていた。チェルノブイリで死んだ多くの人は放射線被曝によるものではなく、避難などのストレスによるものだった。(消防隊員や甲状腺ガンの問題はここでは論じない)

振り返って、Youtubeや新聞ネットの情報を読み返してみれば、彼らがいかに山下俊一教授の追い落としを組織的に謀ったか分かるだろう。いずれ歴史の資料としてまとめておく必要がある。リスク・コミュニケーションの資料として貴重なものになる。例えば、山下教授の「ニコニコしてれば放射能は来ません」とか「福島はなにもしないで広島長崎より有名になっちゃった」という発言の意図は笑いによって放射能の恐怖でノイローゼになっている避難住民をリラックスさせるためだ。これは山下俊一監修の『リスク・コミュニケーション』の中で「落語の枕」という言葉で言及されている。

残念ながら山下教授のリスク・コミュニケーションは福島の住民にはある程度成功したが、日本全体で見れば必ずしも成功したとはいえない。彼の努力にも拘わらず、政府当局者が不必要に厳しい基準を儲けたためである。そこを武田邦彦という二流の学者に「事故が起きてから基準を変えるのはおかしい」と虚を衝かれてしまった。自然放射線よりも高いということは何らかの人工的な放射線源があるわけだからそれに対して注意しようということなのだろうが、基準値を越えると癌になるとテロ(恐怖)を煽り立てられてしまったのだ。それを武田邦彦に利用されてお小遣い稼ぎをされたわけだ。

反原発集団の放射能恐怖(テロ)は東京都で山本太郎議員を誕生させ、さらにこんどはファシスト小泉の応援で細川都知事の誕生を目論んでいる。

同じことが「特定秘密保護法」反対デモに言える。彼らは特定秘密保護法は戦前の治安維持法と同じ恐ろしい法律だと恐怖(テロ)を煽り立てている。しかし、治安維持法はそんなに悪法だったとは思えない。普通選挙法を施行すればロシア革命の影響を受け左派政党が議席をとり、日本が赤化する恐れがあった。それで治安維持法によって社会主義思想を弾圧しようとしたのだ。ようするに民主主義を守るための法律だった。当時としては画期的な法律だったのだ。

治安維持法はバテレン追放令に似ている。江戸時代に幕府がキリスト教を禁止したのは日本と言う国を破壊する恐れがあったからだ。キリスト教は欧米のアジア植民地化の先兵だった。治安維持法は社会主義者を弾圧するためのものだ。主義者たちはコミンテルンの指令を受けて日本を赤化しようとしていた。治安維持法もバテレン追放令も転向したり転んだりすれば助けてもらえる。宗教の自由など持ちだしても無駄だろう。日本にとってバテレン追放令が役だったように、治安維持法も日本を赤化から守ってくれた法律だ。それをGHQが廃止してしまった。

「ファシズムは民主主義である!」と封建主義者の呉智英は言った。 正確に言えば「現代のファシズムは民主主義を擬態して現れる!」 殺戮や破壊ではなく情報テロによって恐怖を与える。被曝の最大の被害者は感受性のつよい子供だ。いつ癌になるか分からない。秘密保護法が出来ると我々は一望監視装置に入れられたように常に監視されることになる。戦前の治安維持法のように暗黒時代がやってくる。軍靴の足音が聞こえる等々、すぐばれる嘘を繰り返す。誰もがデーターなしで繰り返す。 新聞は一面に大見出し、ツイッターはRTで氾濫する。

現代の「情報テロ」とは通信機器やシステムを破壊したり、秘密情報を盗み出すことではない。恐怖によって嘘の情報を真実にすることだ。嘘も百回繰り返せば真実になると俗にいう。しかし、情報テロは嘘を繰り返すだけではない。恐怖や不安を呼び起こすような嘘を繰り返すことだ。

ツイッターは「情報テロ」に好都合なSNSだ。たまには2ちゃんねるを覗いてリフレッシュしましょう。

スポンサーサイト
2014.01.31[Fri] Post 11:18  CO:0  TB:0  ファシズム  Top▲

山下俊一の起訴を狙う特捜と菅直人

田中良紹の国会探検『ポピュリズムの罪』についてTweetした。

k_atsumi 安積桂
【田中良紹】の国会探検「ポピュリズムの罪」:薬害エイズ事件で業務上過失致死罪で告訴された安部英帝京大教授が無罪になったのは最近になって知った。この事件の背後には菅直人厚生大臣の謝罪パフォーマンスがあったのだ。あのときのファイル発見の映像はヤラセだと判った。でも、騙された。不覚

k_atsumi 安積桂
【田中良紹】は安部英氏と山下俊一氏を重ねあわせている。もちろん、二人を繋ぐのは菅首相のポピュリズムだ。エイズと放射能に対する不安恐怖を利用した菅のポピュリズムだ。山下俊一を業務上過失致死罪で告発した広瀬隆を利用した菅直人は一枚上手だ。天才政治家菅直人はヒットラーと同じ人格障害だ


菅首相が少し変だと気づいたのは、薬害エイズのときだ。厚生大臣に就任したら、隠してあった「郡司ファイル」を自分が発見したと言った。役人が隠したものを新任大臣に発見できるわけがない。そのときは、変なことを言う人だなと思ったぐらいだった。人格障害があると確信したのは、小沢との代表選のときだ。演説をするときと演説を待つのときの小沢と菅の表情仕草を比べれば、菅さんがおかしな事は歴然としていた。

国民の大多数は脱原発だが、脱原発依存を宣言した菅内閣の支持率が悪い。一見矛盾しているようだが、これは、新聞テレビが最近、「急流で馬を乗り換えるな」と言わなくなったからだ。でも、菅さんは天才だ。あなどってはいけない。もちろん脱原発解散だけでは勝てない。そこで、菅首相が狙っているのが、山下俊一氏の起訴だ。

菅さんは、小沢一郎の「政治とカネ」を利用して、首相の座を手に入れた。ファシズムの手法だ。その小沢さんはどうやら無罪になりそうだ。あたらしい悪者が必要だ。特捜も小沢事件では失策を犯している。新しい事件が欲しいところだ。特捜が狙うのはいつでもそのとき世間で一番悪者にされている人物だ。

今世間で一番騒がれているのは放射能汚染の問題だ。一番の悪者は誰だろう。いろいろあるだろうが、憎悪の対象が次第に山下俊一に焦点が合ってきた。それは、いくつかの理由があるけれど、子供を被曝の危険に晒したことが一番の問題だといわれている。それは表向きの理由で、山下俊一が一番嫌われているのは、広島の嘘や広瀬の嘘を暴露したからだ。

広瀬明石の記者会見を冷静に見ればわかる。次回はそのことについて。





2011.07.18[Mon] Post 01:54  CO:0  TB:0  ファシズム  Top▲

なぜ、NHKや朝日新聞は執拗に九電の「やらせメール」批判するのか

NHKが九電のやらせメールを大げさに批判しているけれど、朝日新聞も同じように、彼らのネガティブ・キャンペーンの常套句である「九電に対する批判はさらにたかまりそう」と書いて批判している。

九電、佐賀県説明会にも動員 社内調査判明、8日開催分

 九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)2、3号機の運転再開問題を議論した8日の佐賀県主催の「県民説明会」に、九電が本社やグループ社員に説明会に参加するよう呼びかけていたことがわかった。同社は9日までに、複数の社員が応募していたことを確認しており、実際の参加者数などの把握を急いでいる。

 「やらせメール」問題の社内調査の過程で明らかになった。同じテーマの国主催のテレビ番組に賛成意見を送るよう社員らに指示しただけでなく、地元住民の率直な意見を聞く場に原発の当事者が組織的な動員をかけていたことも判明したことで、九電に対する批判はさらに高まりそうだ。

 説明会は県内在住者が対象で、佐賀県が1~5日に県内の各自治体を通じて参加者を募集。定員を超す応募があった自治体については、県が抽選で参加者を決めた。5日の締め切り時点では定員の約3倍の1093人が応募。最終的に370人の定員を下回る323人が参加した。


見出しで「動員」という言葉を使っているけれど、動員はそもそも反核派の十八番ではないか。玄海プルサーマル公開討論でも、御用学者大橋と聖者小出にそれぞれ動員された観客からの拍手があった。二本松市の山下俊一の講演会にはプロの反核派が叫んでいたではないか。

それが便利なことにメールで参加することが出来るようになった。朝日新聞も社内から2ちゃんねるにネット右翼をかたって差別的な書き込みをしていた。新聞は、ヤラセているのか、ヤラセられているのか知らないが、どっちにしても、紙面はヤラセでいっぱいだ。投書欄だって、世論調査だって露骨にヤラセているではないか。いちばん悪質なのは子供にヤラセることだろう。

民主主義というポピュリズムは、所詮「ヤラセごっこ」なのだ。メールも会場のヤジも誰もがヤラセだと知っている。そんなことより、NHKや朝日新聞のようなヤラセの達人が、なぜ、これほどまでに九電の企業努力でしかない「やらせメール」をスキャンダルにしようとしているのか私には分からない。


誤解されるといけないから、言っておくけれど、わたしは現在の設計施工の原発は、総点検したうえ、危険な原子炉は基本的にすべて廃炉にすべきだと思っている。新しい設計思想によるより安全な原発は市場に任せるべきだ。
2011.07.10[Sun] Post 22:54  CO:0  TB:0  ファシズム  Top▲

なぜ世論調査をしない

浜岡原発停止を決断した天才的ファシスト菅首相の人気はいやが上にも高まっている。愚民どもは熱狂している。支持率はたぶん50パーセントを超えているだろう。

なぜ、マスコミは世論調査をしないのだ。小沢追い落としで使った手法を、いまこそ菅万歳の声を高めるために使うべきではないか。産経がやらないのは判る。しかし、朝日毎日日経がやらないのがわからない。やっているけれど、発表したくないのか。それともタイミングを計っているのか。
2011.05.14[Sat] Post 11:15  CO:0  TB:0  ファシズム  Top▲

究極の政局 菅の居座り、小沢の排除



醜悪である。夜な夜な政治家が酔っているというのは、小沢のことを言っているのだろう。しかし、野中の方がこの国難にあたって、自分の利権確保に精を出しているほうが、よっぽと悪辣だ。

今朝の日経新聞は、じつに奇妙な紙面だった。昨日は原発事故対処で菅の視察や東電怒鳴り込みを擁護したい素振りを露骨に示す記事で埋め、きょうは、菅退陣の声は、小沢派の倒閣運動だ、この国難を政局するなんて気違い沙汰だと言う。それなのに、小沢はこんな危機にも何も出来ない無能な政治家だともにおわせる。亀井静香が小沢を座敷牢から出せと言ったのは、言い得て妙だ。

日経は、小佐古氏の記者会見に同席した民主党の空本誠喜衆院議員は、小佐古氏を菅首相に推薦した小沢グループの議員であると書いて、菅退陣論は小沢派の倒閣運動だと言っているが、菅退陣論は小沢グループから出てきたのではない。むしろ小沢鳩山は非常事態だから協力するといっていた。

菅は大地震で2年首相の座が保証されたと思ったが、挙国一致内閣も大連立も失敗した。残るは小沢排除を政局にする他なかったのだ。政局はマスコミが作る。小沢派排除を唱えておけば、朝日毎日日経は自分を支持してくれるからだ。これは菅内閣支持率20%という異常な高支持率に現れている。

たぶん、菅は生き延びるだろう。そのうち石川知裕被告の実刑判決が出るだろう。これはまちがいない。石川被告は反省していないし、マスコミは相変わらず根拠のない検察の主張を書き散らしている。堀江貴文さんが実刑になったように、石川知裕は実刑になる。そうでなければ、整合性がとれない。

いまの菅さんの統合失調症のような表情は、代表選で小沢さんが演説しているのを聞いているときの菅さんの虚ろな表情そっくりだ。それに気づかずに菅さんを総理大臣にしたのは紛れもなく国民だ。国民はそんな馬鹿ではないと言う言葉を何度聞いたことだろう。

わたしは、内心ざまあ見ろと思っている。そうでなければ、やりきれない。







2011.05.02[Mon] Post 01:23  CO:0  TB:0  ファシズム  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。