FC2ブログ

へんてこ論(「橋下徹の研究」2012年11月14日~)

ブログ『ART TOUCH』から独立 暫くの間、《橋下徹VS朝日の最終戦争》の記事を連載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

みっともないからやめなさい

キム・ヨナがイメージキャラクターをしている宝石会社のピアスをつけて出場したのはオリンピック憲章違反だとネットの一部が騒いでいる。ちいさなピアスなど演技と関係がないではないか。そんな言いがかりをしてまで金メダルが欲しいのか。みっともないからやめてくれ。

そもそも、オリンピックは商業主義で成り立っている。それがいつのまにか広告宣伝がオリンピック開催場所では禁止になっていたらしい。以前はアルペン競技で選手はゴールに入るとすぐにスキーの板を外して裏側のロゴを見せていたけれど、最近はそんなことをしないので不思議に思っていた。

たぶんこれはオリンピック委員会の商業主義隠しの一環なのだろう。そうなら、IOCはこんな小さな違反で騒いだら、かえって商業主義の蔓延を認めることになる。IOCは無視するだろう。

そんなことより自国の選手に金メダルを取らせるために、ワールドカップで見せた得意の買収だけではなく、ルールや評価法まで変えさせてしまう韓国の力はあなどれない。日本はこれまでも水泳、スキーのジャンプ、柔道と日本が不利になるようにルールを変えられても何もできなかった。そのことをかんがえると、韓国の努力は素直に賞賛しなければならない。

オリンピックのメダル数と国力が比例するというのはほんとうだろう。でも、日本は韓国の真似をする必要はない。いずれオリンピックは破綻する。日本は今からその準備をしておかなければならない。もちろん私がいっているのは鎖国のことだ。スキーや水泳はともかく、柔道はなんとしてもオリンピックの腐敗から救い出すことが急務だ。あれはもはや柔道ではない。弱虫同士の喧嘩だ。その証拠にみんな屁っぴり腰じゃないか。世界連盟から脱退して講道館の柔道にもどることだ。

ところで、キム・ヨナは流し目やシナを作って、品格に欠けるとおもうのはわたしだけか。

浅田真央のスパイラルは鶴が飛び立つように美しい。
スポンサーサイト
2010.03.05[Fri] Post 00:43  CO:0  TB:0  オリンピック  Top▲

「男性疑惑」陸上・セメンヤ選手・母国凱旋

以下、8月26日の産経ニュースからの引用。

ベルリンで開催されている陸上の世界選手権女子800メートルで優勝したキャスター・セメンヤ(南アフリカ)に対し、国際陸連が性別を医学的に調査している問題で、南アフリカ政府のスポーツ当局は21日、「彼女が黒人で欧州勢をしのいだからというだけで、この騒ぎだ」と声明で不快感を示し、性差別や人種差別として国連人権委員会に抗議する方針を発表した。
 南アフリカ国内では抗議の声が高まり、20日には同国陸連会長が「彼女が欧州の選手だったら、こうはならなかっただろう」と批判した。(AP)


以前『山本篤選手 走り幅跳び銀メダル』の記事でパラリンピックの腐敗について述べた。そこでスポーツの性差別についてふれた。そこのところをを引用する。

そもそも、男女別に競技するのは差別ではないか。なぜ、シンクロナイズド・スイミングには男子がないのか。あんなものは男の子がやるもんじゃないというな ら、それこそ差別だ。そもそも男と女をどこで区別するのか。女らしいとか男らしいとかで決めるのか。あるいは外性器の形状できめるのか。ふたなりはどうす るのだ。いまは、染色体検査をするらしい。以前は男性疑惑がよくあったが、今は予め検査してあるのだろう、性チェックはほとんど話題にならない。それなら 性染色体異常の人はどうしているのだろうか。かれらはオリンピックに参加する権利はないというのか。男性としてならいいのか。女性は男性と異なる性染色体 の型という理由で特別枠を作っているなら、XXYの染色体のひとも特別枠をもらっていいではないか。XX染色体とXY染色体がXXY染色体を差別している のだ。ところでXYY染色体の超男性はどうしているのだろう。


スポーツ競技では性チェックが行われていないらしい。以前は目視検査や口腔粘膜による検査が行われていたが、近頃は人権問題のため性チェックはできないらしい。しかし、実際は半陰陽の問題があり、染色体はXYだけれど、胎内での成長過程で睾丸やペニスの発育が不完全の人がいる。そういう人の中には女性として育てられる人もいるけれど、体内に隠れた睾丸から男性ホルモンが分泌されていて、筋肉が発達していて身体能力が高いことがある。

セメンヤさんは親が女性として育てているし、薬物検査では男性ホルモンが平均の三倍あったそうだから、たぶん、半陰陽なのだろう。

現在では、染色体や外性器で判定するのではなく、外見や薬物検査の男性ホルモンの量などから見て疑わしい場合に性チェックをする方式らしいが、それが徹底されず、セメンヤの外見や薬物検査の結果が疑わしいにもかかわらず、事前に問題を処理できずに、優勝してから、たぶん他の国から抗議があったのだろう、あわてて、調査をするといったから南アが怒り出したのだ。決勝までに何度も走っているのだから、みんな気づいていたはずだ。だれも言いださなかったのは、人権ファシズムを恐れたからだ。

南アは「性差別だ」「人種差別だ」と言い、案の定、人権カルトを持ち出しているらしいが、それなら、そもそも男女別に競技をすることが性差別なのだ。男女別の競技を止めれば、性差別はなくなり、性チェックの必要もなくなる。もちろんシンクロナイズドスイミングも男女混合チームでも良いことになる。男は水に浮きにくいけれど、それはそれなりに演技の工夫ができるだろう。

それからついでに言っておくと、性転換で女性になった人は性染色体はXYのままだが、睾丸などを摘出して男性ホルモンがなくなるので、何年か経てば、競技に出ることも認められるようだ。喜ばしいことだが、しかし、これは女らしいさで男女を分けるとんでもない性差別にならないか。フェミニストは抗議すべきだ。
2009.08.28[Fri] Post 02:17  CO:0  TB:0  オリンピック  Top▲

山本篤選手 走り幅跳び銀メダル

山本篤選手が北京パラリンピックの走り幅跳びで銀メダルを取った。その跳躍をテレビのニュースで見て、義足のほうの脚で踏切をしているように見えた。踏切は利き足でやらないと力が入らないのではないかと気になって、他のニュース番組で確かめると確かに義足で踏切をしている。それでは義足のバネの力を利用しているのではないかと疑問に思った。すると毎日JPニュースでつぎの記事をみつけた。

3回目の跳躍で、左脚の義足に体重が乗った気がした。山本は「『来た』と思った」。そのまま左脚で踏み切ると自己ベストの5メートル90には届かないものの5メートル84の好記録。この種目は記録がポイント換算されるため、順位は2位に。「結構良い記録だったので相手にプレッシャーを掛けられた」。他選手のミスも相次ぎ2位に入った。
00年に交通事故で、左脚の太ももから下を失った。かつては右脚で踏み切っていたが、04年の記録会で歩幅があわなかったため、たまたま左脚で踏み切ったところ、従来の自己ベストを約1メートルを超える好記録が出た。

助走のスピードを生かすには「踏み切る脚は足首とひざをロック(固定)しないといけない。だが、義足の脚だとあらかじめ固まっており、ロックせずとも、地面からの反発力に体を乗せれば良い」。大会を連覇したドイツ選手も義足を付けた脚からの踏み切り。世界のトレンドに乗った山本の跳躍でもあった。(毎日jpニュース)

踏切の脚は膝と足首をロックしなければならないというのは本当だろう。しかし、反対側の脚だけで跳ぶわけではない。どちらにしろ、両足のバランスが大切なことは100メートル競争の山本選手と優勝した選手の走りと比べればわかる。山本選手は左右のバランスが悪く上体がよじれているけれど、優勝選手はまったく健常者と変わらないバランスで走っている。たぶん日本は競走用の義足の開発にお金を掛けていないのだ。お金を掛ければ山本選手は一秒ぐらい記録をよくすることができるにちがいない。そうなれば走り幅跳びと100m競争では義足を履き替えることになるに違いない。

なにもパラリンピックに難癖をつけているのではない。 パラリンピックもオリンピックと同じように堕落しているなといいたいだけだ。義足の開発は、水着の開発と同じだし、そもそも、パラリンピックとオリンピックの違いは体重別や男女別のようなものだ。障害者の差別がなくなり、健常者と同じように真の社会参加ができるようになったと喜ぶべきだろうか。たぶんそうではなく、健常者と同じように腐敗する権利を障害者が獲得しただけではないか。

そもそも、男女別に競技するのは差別ではないか。なぜ、シンクロナイズド・スイミングには男子がないのか。あんなものは男の子がやるもんじゃないというなら、それこそ差別だ。そもそも男と女をどこで区別するのか。女らしいとか男らしいとかで決めるのか。あるいは外性器の形状できめるのか。ふたなりはどうするのだ。いまは、染色体検査をするらしい。以前は男性疑惑がよくあったが、今は予め検査してあるのだろう、性チェックはほとんど話題にならない。それなら性染色体異常の人はどうしているのだろうか。かれらはオリンピックに参加する権利はないというのか。男性としてならいいのか。女性は男性と異なる性染色体の型という理由で特別枠を作っているなら、XXYの染色体のひとも特別枠をもらっていいではないか。XX染色体とXY染色体がXXY染色体を差別しているのだ。ところでXYY染色体の超男性はどうしているのだろう。

それとも、すでにパラリンピックにはそういう人たちのための参加資格が出来ているのかもしれない。それなら性染色体が正常な性同一性障害の人たちはどうしているのだろう。スポーツは楽しむぶんにはいいけれど、そこに名誉やお金がからんでくると、差別の発生装置になってくる。もともと差別をなくそうとして始まったパラリンピックがまさに差別の巨大な発生装置になっているのは皮肉なことである。


 

2008.09.17[Wed] Post 23:45  CO:0  TB:0  オリンピック  Top▲

パラリンピックとオリンピック

『オリンピックの終焉』という記事をアップしたあと、ニュースでパラリンピックの車椅子競争をみた。女子男子選手が激しくあらそって、車が接触した。一台が転倒して、後続の選手がつぎつぎに転倒した。見ていて背筋がこおりついた。むかし手に汗をにぎってみた映画『ベン・ハー』の戦闘馬車の場面をおもいだした。不謹慎だが、スペクタクルとしてはオリンピックよりパラリンピックのほうが面白い。オリンピックがつぶれても、パラリンピックは残るかもしれない。しかし、知らないうちにスポーツの世界はすごいことになっている。ともかく私はIOCと石原都知事がきらいだ。オリンピックの東京誘致に反対する!
2008.09.10[Wed] Post 19:44  CO:0  TB:0  オリンピック  Top▲

オリンピックの終焉

オリンピックの東京招致に反対する。

一度は賛成と言ったが、考えをかえた。

賛成したのは、地方との逆格差を解消するために東京のインフラを整備しろということだったが、その考えはかわっていない。静岡県に居を構えて2年がすぎるが、地方が東京より豊かであることははっきりとわかる。これは静岡県ばかりではないだろう。

反対の直接のきっかけは、石原慎太郎都知事が、北京のボランティアの学生は親切で礼儀ただしいけれど、日本の若者は2ちゃんねるに夢中でなっとらんと言ったことだ。石原は以前もヘギョンちゃんが礼儀ただしいと褒めていたけれど、いったい何を考えているのか。全体主義の国家だものそのぐらいの訓練はお安いご用だろう。長野で赤旗振って日本人に暴行を加えた中国の若者のことを忘れたのか。大江健三郎はかって紅衛兵の目は澄んでいたといっていたけれど、ウヨクもサヨクも愚者が言うことは同じだな。2ちゃんねるのほうがまだましだ。

それよりおおきな理由はオリンピックが終わったということだ。終わったという表現が正しいのかどうかわからないけれど、見ていてなんか変だなーとかんじるのだ。オリンピックはそもそも国別対抗大運動会なのだろうが、それがどうやらぐじゃぐじゃになっているのではないか。国別運動会なら自国の選手を応援するのが楽しいのだろう。

卓球を見ていたら、どこの国も中国人がプレイしている。どういうわけかというと、中国では代表になれない選手が帰化してオリンピック代表になるらしい。かれらは帰化した国に同化しているのだろうか。
ボルトをはじめジャマイカの短距離選手は優秀なDNAをもっているという。これでは国別ではなく、人種別ではないか。陸上競技はどこの国の代表も黒人選手が増えている。
DNAではなく、ドーピングと訓練(調教?)でオリンピックマシーンを作る作戦もある。今から言っておくが、このままいけば、いずれ遺伝子組み換えの選手が現れるだろう。

人種とか国家というものがいずれなくなるとサヨクたちは考えているのだろうが、たぶん歴史はそうかんたんには終わらない。宗教的な対立はますます激しくなっている。
オリンピック憲章には、「人種、宗教、政治、性別、その他に基づく、国もしくは個人に対するいかなる形の差別も、オリンピック・ムーブメントヘの帰属とは相入れないものである。」と書いてあるが、皮肉なことに、オリンピックは運動能力による第五の差別を作り出したのではないか。

もっと、奇妙なのはパラリンピックだ。はじめの頃、彼らの姿は感動的であった。しかし、いまはそんなところは微塵もない。肉体の限界まで使って戦っている。健常者のオリンピックとかわらない。
そのうちドーピング違反者が出るだろうと思っていたが、とっくの昔に違反者がでたそうだ。いつからドーピング検査が導入されたのだろう。
いまでは義足の開発競争になっているらしい。健常者だってシューズ開発の競争しているのだからおなじことだ。ニョウボは「電池を使っちゃいけないのかしら」と不謹慎なことを言っていたが、そのうちF1みたいにうるさいレギュレーションができるだろう。
福祉ではなく競技になったのは、お金や名誉が手にはいるようになったからだ。すべてがオリンピックと同じになった。障害が出場権を得るための特権になってしまったのだ。こうなれば、二流選手が外国に帰化するように、意図的に障害者になる二流選手もいずれ出てくるだろう。
障害者に特権を与えるなら、肉体的に劣等な黄色人種のためのオリンピックを作ったらどうだろう。

ともかくオリンピックの商業化や政治化が問題にされているが、いまやスポーツの腐敗はとどまるところをしらない。まずはオリンピックを廃止することからはじめよう。はやくしないと、人類の破滅だとひそかにおそれている。
2008.09.08[Mon] Post 01:09  CO:0  TB:0  オリンピック  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。