へんてこ論(「橋下徹の研究」2012年11月14日~)

ブログ『ART TOUCH』から独立 暫くの間、《橋下徹VS朝日の最終戦争》の記事を連載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

河村大村が小沢に挨拶

河村たかしと大村秀章が小沢一郎に当選の挨拶

読売:会談を巡っては、小沢元代表が強制起訴を巡る処分問題で岡田氏と対立している中だけに、「小沢氏は勢いがある河村氏らとの連携をアピールし、執行部をけん制した」との見方が強い。(2011年2月8日21時07分 読売新聞

小沢はそんな姑息なことをしない。こそこそとちっぽけな策を弄するのは管さんでしょう。

小沢は民主党の幹事長の時から、橋下知事と河村市長を応援している。これで、岡田は小沢を離党させる大義名分ができたじゃないか。

問題はそんなことより、大阪・中京都連合が、東京都知事選に誰を立てるかだ。東国原が名前からすれば有力だが、実績がない。都民は美濃部や青島を選んだこともあるから、結果は、どうなるかは判らない。蓮舫よりましだが、菅なみに頭も悪い。たぶん当選したら、今度は、総理大臣になりたいと言い出すのが関の山だろう。

この地方のからの蜂起を成功させるにはどうしても、ちょっと欠点もあるけれど田中康夫のような気がする。







スポンサーサイト
2011.02.08[Tue] Post 22:49  CO:0  TB:0  地方分権  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。