FC2ブログ

へんてこ論(「橋下徹の研究」2012年11月14日~)

ブログ『ART TOUCH』から独立 暫くの間、《橋下徹VS朝日の最終戦争》の記事を連載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

菅首相は再生可能エネルギーでノーベル賞を狙う。

東京新聞に、辞任を決意した菅首相の「心境」の囲み記事(8/13)があった。

「気持ちがなえて辞めることだけはしたくなかった」。菅直人首相は十二日昼、官邸での民主党の石井一副代表らとの会合で、自らの退陣を明言したことに関し、こう語った。東日本大震災以降、批判を浴び続けてきたが、公債発行特例法案などの成立にめどがつき、首相としての責務を果たしたとの思いを示したかったようだ。
~中略~
退陣後はバイオマス(生物資源)の活用に携わりたいとした上で「辞めてからのことを考えると、うれしくて仕方ない」と軽口もたたいた。


この記事を書いた記者は、11日の参院予算委での西田昌司の菅献金問題に関する質疑を知らないのか。知っているけれど書かないのか。たぶん関係者既に検察の事情聴取を受けているのだろう。鉄面皮の菅さんにしては、あの時のうろたえぶりは尋常ではない。菅さんは「政治とカネ」で首相を辞めるのだ。

菅さんが今考えていることは、不名誉な退陣を何としても避けることだ。このままでは無能でダーティな売国政治家として歴史に名前を残すことになる。そこで、夫婦が考えたのが、一番、効果のあった脱原発宣言だ。浜岡原発停止要請で、自民は、菅が脱原発解散をするのではないかと一瞬ひるんだぐらいだ。

しかし、脱原発政策は支持されたが、内閣支持率は逆に低下した。敵を作って、強引に解散すれば勝てると言った評論家もいたが、非常時だからと居座っていた本人が解散することに大義名分が立たなかった。他の政党も原発推進を見直す方向に舵をきった。いまにして思えば、脱原発解散を強行すれば、負けても、名誉ある退陣が出来たのかもしれない。

外国人献金スキャンダルが露見したときに、前原外相がもっと少額で辞めているにも拘わらず、今度も、朝日が守ってくれると、高を括っていた。たしかに、このスキャンダルは産経と「タックル」「そこまで」ぐらいしか大きく取り上げていないので、なんとか誤魔化せそうだと思ったのだろう。ところが、在日献金ばかりではなく、北朝鮮の拉致犯罪がらみの「市民の党」などへの献金問題が出てきた。検察が告発を受理し、捜査を開始したことを刑事局長が認めたばかりではなく、当然、公安も調査を継続しているはずだ。

菅さんは、このままでは、政界の表舞台から消えなければならなくなる。そこで、かれはバイオマスという環境にやさしいエネルギー利権に目をつけたわけだ。彼は「辞めてからのことを考えると、うれしくて仕方ない」と、気分は細川護煕だが、首相夫人の方は、アル・ゴアのように再生可能エネルギーでノーベル賞を狙えと吹き込んでいるに違いない。

スポンサーサイト
2011.08.16[Tue] Post 02:07  CO:0  TB:0  菅直人  Top▲

「安全デマデマ」を利用した菅直人は上杉隆より上手です。

上杉隆は安全デマを垂れ流すばかりで無能な菅首相はやめるべきだと言っていたが、菅首相はむしろ危険デマをながしていた。東北地方が潰れるとか福島原発の退避圏は二三十年は住めないとか言っていた。

枝野長官は安全だと言っていた。菅さんは枝野さんに任せていた。ところが、安全デマが優勢になり、一向に事故処理が進まないのを見て、菅さんは自分が首相だと言うことを忘れて、市民運動家に先祖帰りして、人気取りに打って出た。それが、浜岡原発停止の決断だ。自慢の20の委員会を無視して、菅さん、自分で決断したことを強調していた。カッコイイー、きゃー素敵というところだろう。

早速、愚かな我らが日本人が渋谷でチョウチン行列をしたらしい。やれやれ。

2011.05.10[Tue] Post 13:21  CO:0  TB:0  菅直人  Top▲

菅直人の官僚排除と官僚依存

菅さんが復興会議を発足させた。メンバーからは官僚OBを排除した。ところが、その議長も議長代理も復興税導入の根本原則を宣言した。財務省に洗脳されたのか。税制について民間人が口だす異様さに国民は気づかない。

全ては民主党代表選から始まっている。我々はこうなると知りながら菅さんを首相に選んだのだ。いまさら菅首相の無能を非難してもしかたない。国民はたっぷりと苦しめばよい。



2011.04.16[Sat] Post 18:47  CO:0  TB:0  菅直人  Top▲

松本参与の解任を示唆 枝野長官

産経ニュースによると、枝野長官が松本参与の解任を示唆した。

 枝野幸男官房長官は15日の記者会見で、菅直人首相が東京電力福島第1原発の避難・屋内退避区域について「10年、20年住めない」などと発言したと紹介し、直後に撤回した松本健一内閣官房参与について「適切な対応をすべく、検討したい」と述べ、解任する考えを示唆した。

 これに先立ち、JA福島幹部に同行して首相官邸で首相と会談した民主党の渡部恒三最高顧問は、記者団に「そんな側近はクビにすればいい。福島県民は本当に怒っている。おれも全くうそっぱちだと怒っている」と首相に進言したことを明らかにした。

 枝野氏は記者会見で「(渡部氏の)そうした重い指摘は承知している」とも述べた。


口裏合わせて、バカ殿を守ろうとしている。松本参与がそんな嘘を言う必要はなかった。そもそこ、菅首相は「東日本は潰れる」と放言したこともあるじゃないか。

しかし、菅首相のまわりには変な評論家が群れているんだね。
2011.04.16[Sat] Post 00:08  CO:0  TB:0  菅直人  Top▲

五百旗頭復興会議議長、復興税を提案

毎日新聞のネット配信で復興構想会議の記事を読んだら、文化人見たいのがあつまってそれぞれ勝手なことを言っている。万博のテーマを決める会議みたいだ。

五百旗頭議長が復興税を提案している時点で、この会議が破綻することが決まったようなものだ。財務省のレクチャーがあったのだろう。

ところで、この五百旗頭というのは防衛大学校長の五百旗頭のことか。噂では、敵が攻めてきたら武器を捨てて逃げろ自衛隊員に訓示した男ではないか。やれやれ。
2011.04.15[Fri] Post 01:45  CO:0  TB:0  菅直人  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。