FC2ブログ

へんてこ論(「橋下徹の研究」2012年11月14日~)

ブログ『ART TOUCH』から独立 暫くの間、《橋下徹VS朝日の最終戦争》の記事を連載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://atsumikei.blog72.fc2.com/tb.php/1073-82c2ff1e
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

青山繁晴VS上杉隆(再々)

青山繁晴が原発内の最新映像を撮影し、福島1号原発所長吉田昌郎さんのインタービューに成功した。吉田さんは「やってらんねぇ」と言った人物だ。窒素封入をしろと言われたけれど、そんなのは現場の作業員には危険すぎるとテレビ会議で怒鳴ったと言われているが、そうではなく、スマトラ地震のように本地震と同じくらいの余震がきたら、大変なことになるから、防護壁を作ってもらいたいと言ったけれど、受け入れられなかったので怒鳴ったそうだ。

貴重な映像である。青山繁晴が現場で頑張っている人たちのことを忘れないのは、たとえば硫黄島で戦った兵士たちの鎮魂を祈る青山に通じるものがある。

と、書いたところで放っておいた。

ところが、読売新聞が以下のように伝えた。

青山氏は東電や政府と調整した上で訪問したと説明。一方、細野豪志首相補佐官は2日の記者会見で、 青山氏の訪問について、「政府としてではなく、個人として入った。今後はないようにする」と不快感
を示した。


青山も上杉も菅政権に情報隠蔽の圧力を受けていることになる。しかし、これで青山は、上杉は現場取材をしない佐々木俊尚を批判しているけれど、お前は肝心の福島原発に来ていないじゃないかと言える立場になったわけだ。

青山対上杉の勝負は、ひとまず青山優勢に見えるけれど、福島原発事故をたんに原子力の安全性から見るのではなく、日本の構造的腐敗というより広い観点から見れば、どちらがジャーナリストとして優れているかは判らない。どちらも菅首相退陣を主張しているけれど、記者クラブやWikileaksに対する態度からみて、青山の方が体制側すなわち政官報産学複合体に近いのではないかと思える。

日本の危機は、3.11以前から始まっていたのだ。



2011.05.05[Thu] Post 14:44  CO:0  TB:0  青山VS上杉  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

青山繁晴VS上杉隆(再々) のトラックバックアドレス
http://atsumikei.blog72.fc2.com/tb.php/1073-82c2ff1e
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。